ニュースガイドニコニコ速報2.0

ニュースガイドニコニコ速報2.0では、
話題になったニュースの画像、動画、スレなどを投稿していきます。
芸能人、お笑い芸人、タレント、グラビア、モデル、俳優、女優など
様々なカテゴリーがあるのでお気に入りを探してみてください。
面白いねと感じたら、フォローお願いします。

    ニュースガイドニコニコ速報2.0では、
    話題になったニュースの画像、動画、スレなどを投稿していきます。
    芸能人、お笑い芸人、タレント、グラビア、モデル、俳優、女優など
    様々なカテゴリーがあるのでお気に入りを探してみてください。
    面白いねと感じたら、フォローお願いします。

    タグ:とんねるず


    石橋貴明で復活「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」視聴率は10・4% 石橋貴明で復活「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」視聴率は10・4%
    …にも光を当て、数多くの人気芸人を輩出してきた。 今回は「とんねるず」の石橋貴明(56)が主催でバナナマン、今田美桜(21)とともに新しい番組として2時…
    (出典:エンタメ総合(スポーツ報知))


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手、俳優であり、お笑いコンビ『とんねるず』の大柄な方でリーダーである。相方は木梨憲武。芸能事務所・アライバル代表取締役社長兼タレント。身長182cm、体重74kg。 趣味 : 野球、ゴルフ、映画鑑賞、酒、料理
    26キロバイト (3,531 語) - 2018年11月19日 (月) 09:19



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    石橋貴明、重病説浮上!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/27(火) 21:37:23.26 ID:CAP_USER9.net

    とんねるず・石橋貴明(56)が11月24日放送の『土曜プレミアム ザ・細*ぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)に出演して、平均視聴率10.4%を記録し、健在ぶりを見せた。

    同番組は3月に終了した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同局)で2004年に
    「博士と助手~細*ぎて伝わらないモノマネ選手権~」として始まった人気コーナーをスペシャル番組として復活させたもの。
    マイナーなスポーツ選手や地味なシチュエーションなど、マニアックすぎて伝わりづらいと思われるモノマネを芸人たちが演じて好評を博していた。

    ところが、石橋の復活にも業界内からはその”老い”っぷりに驚きの声が上がっているという。

    「数ヶ月ぶりにプライムタイムに復帰した石橋ですが、別人のように声が出ていませんでした。くぐもったような、抜けの悪い声で滑舌も悪い。
    それゆえツッコミが通らない。
    発言が少ないようでしたが、いくつかの発言はスタッフサイドの判断でカットしたと思われます。
    最前線で30年間以上、声を張り続けた石橋ですが、半年のブランクがここまで老いさせたようです」(テレビ番組スタッフ)

    SNSや掲示板でも石橋の復帰を歓迎する声が多い一方、「石橋の声すげーことになってんなあ。病気か何かなのかしら。」
    「タカさんのおじいちゃん化がとまらない。見た目はまだ若いのに」
    「石橋っていつの間にあんな滑舌になったの? *れた小さな声でモゴモゴ途切れ途切れ喋ってさー」などと不安視する声が多数見られた。

    たしかに放送を確認すると、石橋の声は別人か、ノドを潰しているかのように聞こえる。
    もともと石橋は滑舌が良い方ではなかったが、舌足らず気味にがなる声は通りが良かったはず。
    これは単なる老いなのか、それとも…。なにかしらの病気による弊害ではと心配するのは、ある女性週刊誌の記者だ。

    「じつは、石橋は16年の秋頃にも聞き取りづらいガラガラ声になり、声の通りが悪くなっています。
    この時は数ヶ月間に渡り、視聴者から「病気では?」との懸念が上がっていました。
    思い出されるのは、つんく♂(50)のケースです。彼は喉頭癌が見つかり、14年に声帯を摘出しましたが、その初期症状が現れた頃の状況に似ているんです」

    もし病気だとすれば、アーティストや芸人など声を使う仕事に多いとされる「声帯ポリープ」か、それとも「喉頭癌」のおそれもあるという。
    かつて90年代に「若さ」の象徴としてテレビ界の寵児となった石橋貴明にも、”老い”の影は確実に忍び寄ってきている

    http://dailynewsonline.jp/article/1587649/
    2018.11.27 18:10 デイリーニュースオンライン


    (出典 www.asahicom.jp)



    (出典 biz-journal.jp)


    【【まさか?】石橋貴明、重大な病気を抱えている可能性も!?真相は?】の続きを読む


    「表現力に敬服」「一位だろ」細かすぎて伝わらないモノマネ出演のLOVE・たつろうが話題
    「表現力に敬服」「一位だろ」細かすぎて伝わらないモノマネ出演のLOVE・たつろうが話題   COCONUTS
    (出典:COCONUTS)



    (出典 pbs.twimg.com)


    たつろうが話題!

    1 湛然 ★ :2018/11/25(日) 21:09:13.73 ID:CAP_USER9.net

    2018/11/25 11:57
    「表現力に敬服」「一位だろ」細かすぎて伝わらないモノマネ出演のLOVE・たつろうが話題

    2018年3月をもって終了した「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の人気コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」。
    終了を惜しむ声も多かったことをうけて、「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」として復活、11月24日に放送されました。優勝したLOVEのたつろうさんら芸人達が渾身のネタが爆笑を誘いました。

    ◆「ザ・細*ぎて伝わらないモノマネ」優勝のLOVE・たつろうが話題!

    装いを新たに復活した「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」。合計106のネタが披露される中で優勝したのがお笑いコンビ・LOVEのたつろうさん。
    「おもしろ荘」にも出演経験のある実力派のLOVE・たつろうさんは、初出場となった「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」で合計3本のネタを披露。
    1本目のお題は「コンビニでタバコを買う時 のど自慢みたいになる人」というもので、最後の「25番ラッキーストライク」というキレの良いオチに爆笑。

    続いて2本目は、「自転車を撤去された人」というお題で、最後の「下高井戸」というオチが秀逸で出演者の石橋貴明さん、バナナマン、今田美桜さんもこの日1番の大笑いを見せます。
    世間知らズ・椎木ゆうたさんとコンビを組んだ、3本目の「空中に文字を書く人」というネタも面白かったこともありLOVE・たつろうさんは「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」で見事に優勝を決めました。

    優勝したLOVE・たつろうさんには、「クスッと笑える日常を切り取る感じがよかった」「違法駐輪の撤去先が異常に遠いという全国共通ネタへの着眼」などのコメントが寄せられています。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    LOVE たつろう@tatsuro526

    (出典 pbs.twimg.com)


    https://coconutsjapan.com/entertainment/komakasugite-tsutawaranai-lovetatsurou/9832/


    【【爆笑】たつろうが話題沸騰!細かすぎて伝わらないwwwwwwwww】の続きを読む


    木梨憲武の特番出演拒否に石橋貴明が激怒?とんねるずに亀裂か
    木梨憲武の特番出演拒否に石橋貴明が激怒?とんねるずに亀裂か  livedoor
    (出典:livedoor)



    (出典 www.kansaiben.jp)


    とんねるず、本当は仲がいい!?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/21(水) 06:38:56.62 ID:CAP_USER9.net

    「鈴木さんはドラマ『SUIT』に出演するかたわら、主婦業も手抜きなしです。そんな姿を見た石橋さんも奮起。
    地上波レギュラー番組は今や『石橋貴明のたいむとんねる』だけですが、電話営業に奔走しています」(テレビ局関係者)

    今年3月、30年の歴史に幕を下ろした「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)。
    その人気企画「細*ぎて伝わらないモノマネ選手権」が2時間特番として11月24日に放送される。
    だが出演者の欄には石橋貴明(57)の名前こそあるものの、相方・木梨憲武(56)の姿がなかったのだ!そのためTwitterでは、驚きの声が上がっている。

    《特番嬉しいけど、木梨さんは?》
    《木梨さん出ないの?マジか…》

    いったい何があったのか。鈴木保奈美(52)復活の陰で奮起した石橋だが、実はそれが引き金となって「とんねるず」の間で“事件”が起きていたという。

    「石橋さんはもちろん快諾しました。しかし木梨さんは『なんで終わったばかりの番組をすぐに復活させるの?』と言って、出演を拒否したのです。
    フジも説得を続けましたが、交渉は決裂。石橋さんも怒って『もういいよ、放っておけ!』とさじを投げたそうです」(前出・テレビ局関係者)

    別のテレビ局関係者も2人の仲についてこう指摘する。

    「もともと2人の関係性について、周囲からは不安の声が上がっていました。宿泊ホテルも移動も別々という状態でしたからね。
    10月にはファンクラブも解散しました。今回の件を受けて、とんねるず史上もっとも不穏な関係になっているといえるかもしれません……」

    とんねるずは石橋が代表、木梨が取締役の事務所に所属していた。
    だが今年6月に木梨が取締役を辞任。映画やラジオ番組への出演、ライブ活動など自由な生活を送っている。そうした違いが、特番へのスタンスにも現れたようだ。

    「今のところ、すぐ解散という話は出てきていません。ただ夫が心配なのでしょう。
    鈴木さんは『あの人(木梨)は何を考えているんだか』と苦言を呈しているそうです」(前出・別のテレビ局関係者)

    11月14日、昼過ぎに車で自宅から出てきた鈴木は都内の百貨店へ。食材探しだったようで、買い物を済ませると急ぐように帰っていく。
    だがその表情は、どこか浮かないようにも見えた――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181121-00010002-jisin-ent
    11/21(水) 6:06配信


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    (出典 grapee.jp)


    【【捏造】木梨憲武と石橋貴明の不仲説は、メディアの作り上げた幻想なのか!?】の続きを読む


    とんねるずに噂される解散説 木梨憲武は取締役を辞任し独立か
    とんねるずに噂される解散説 木梨憲武は取締役を辞任し独立か  livedoor
    (出典:livedoor)



    (出典 i.ytimg.com)


    木梨憲武の新ラジオ、駄作!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/10/09(火) 21:21:48.93 ID:CAP_USER9.net

    『とんねるず』の木梨憲武がパーソナリティーを務めるTBSラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』が、10月6日、新たにスタートした。

    アシスタントにTBSの古谷有美アナウンサーを迎え、土曜日の早朝にもかかわらず生放送で挑んだ木梨だったが、その意気込みとは裏腹に、古くからのラジオリスナーからは酷評の嵐だったようだ。

    「まだ初回を迎えたばかりなので、木梨自身も手探りのようでしたね。通常、朝の生番組ならば、直近のニュースや天気、交通の様子などを交えながら、
    自身の身の回りの出来事などをオープニングトークで伝えていくのですが、木梨が話し始めたのは何と、芸能人友達の近況報告だったんです。
    しかもそれが、藤井フミヤや久保田利伸、バブルガム・ブラザーズのコンなど、昔懐かしい面々ばかりとあって、驚いた人も多かったでしょう。
    リスナーからは『昭和の深夜放送かよ』『時代がまさに止まっている』『まさかオープニングトークのネタすら仕込んでなかったとは』など、散々な言われようでした」(芸能記者)

    もともと、とんねるずがブレークしたきっかけは、1985年に開始した『とんねるずのオールナイトニッポン』だった。
    当時、オールナイトニッポンは、笑福亭鶴光やビートたけしなどの人気パーソナリティーを輩出しており、若手人気タレントの登竜門的存在だった。

    とんねるずの同番組では、業界の裏話やハガキ職人の名ネタなどが大人気となり、一時はビートたけしを抜いて高聴取率を獲得したこともあったのだが…。

    昔のカンを取り戻せるか

    「とんねるずのオールナイトニッポンは、テレビでは話せない業界の裏話などを、若手が勢いに任せて赤裸々にしゃべりまくったことがウケたんです。
    しかし、56歳になった木梨が朝の番組を担当するからには、当時のようなノリで進行するわけにはいきません。
    当然、本人のトーク力や企画力が試されるわけですが、初回の放送を聴く限りでは、厳しいと言わざるを得ませんね」(ラジオ放送局関係者)

    番組を盛り上げようとする木梨は、随所で突然大声を上げるなどかなり必死だったが、
    幸いにもアシスタントの古谷アナが、やんわりと話をうまく合わせ、何とか番組の体裁だけは保たれた。
    しかし、CM前に木梨の話が終わらず、声が途中でカットされるなど、昔のカンを取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうだ。

    土曜日朝の6時から木梨が番組を始めること自体も驚きだったが、果たして今後、リスナーの心をつかむことができるのか。
    テレビでは唯一のレギュラーだった『みなさんのおかげでした』が終了し、もはやジリ貧状態のとんねるず。
    木梨に関しては映画で主演を務めるなど、お笑い以外の道でも活路を見出しているだけに、ラジオ番組での活躍も期待したいところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1537050/
    2018.10.09 21:00 まいじつ


    (出典 www.ent-mabui.jp)



    (出典 chiicomi.com)



    (出典 news.walkerplus.com)


    【【酷評】木梨憲武の早朝ラジオ!新番組なのに「昭和の深夜放送かよ!」と厳しい評価wwwww】の続きを読む


    「暴力的で偉そう」とんねるずの木梨と石橋の好感度にこれほど差がついたワケ
    「暴力的で偉そう」とんねるずの木梨と石橋の好感度にこれほど差がついたワケ  アエラドット 朝日新聞出版
    (出典:アエラドット 朝日新聞出版)



    (出典 www.imn.jp)


    とんねるずの木梨と石橋とんでもない行動が波乱を呼んでいる!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/23(日) 04:29:32.75 ID:CAP_USER9.net

    9月19日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』で異例の事態が起こっていた。収録時に胆のう摘出手術のために休養していた所ジョージに代わって、彼と親交の深いとんねるずの木梨憲武が特別にMCを務めることになったのだ。
    番組冒頭で佐藤栞里が所ジョージの体調不良による欠席を伝え、MCとして木梨を招き入れた。

    木梨はMCという不慣れなポジションに戸惑いながらも、軽快に番組を進めていった。
    所の口調をそっくり真似て「笑ってコラえて!」「ついたて~!」「アタック!」などと決まり文句を言うところも芸達者な木梨らしくて面白かった。

    3月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終わって以来、とんねるずのコンビとしての活動は一時休止したような状態になっている。
    その一方で、木梨は単独で精力的に活動している。
    4月には主演映画『いぬやしき』の告知のために数々のラジオ番組やテレビ番組に出演。そのいずれにおいても、自由奔放な振る舞いで共演者たちを驚かせ、視聴者を楽しませていた。
    『ウチのガヤがすみません!』では、ピンポン玉を連射する機械を芸人たちに向けてスタジオを荒らし回り、『チマタの噺』では笑福亭鶴瓶の話の腰を折りまくり、鶴瓶をあきれさせた。

    とんねるずというコンビには「暴力的で偉そう」というネガティブなイメージがついて回っている。
    そして、一般的には石橋貴明がその負のイメージを一手に背負っている。『日経エンタテインメント!』の「嫌いな芸人ランキング」でも2016年と2017年に石橋が2年連続で1位になっている。

    だが、とんねるずのコンビとしての活動を冷静に眺めてみると、ここぞという場面で無茶な行動に出るのはむしろ木梨の方なのだ。
    『みなさん』の「全落オープン」という芸能人を落とし穴に落とす企画では、木梨が現場レポーターの役を務めていた。
    木梨は、いったん落とし穴に落ちて上がってきた芸能人に話を聞くふりをして、再び穴や池に突き落とすといういたずらをたびたび行っていた。
    ときには、ターゲットになっていないスタッフなどを突然落としてしまうこともあった。

    このように、木梨はコントやロケにおいて突発的な行動に出て笑いを取ることがしばしばある。
    石橋も似たようなことをすることはあるが、石橋の場合には自分がどう見られるかをある程度計算してから動く戦略的な一面がある。
    木梨の方がより感覚的にその場の判断で動いているように見える。

    「柔よく剛を制す」という言葉があるが、石橋が「剛」だとしたら木梨は「柔」である。
    状況に合わせて柔軟に動きながらも、ときには大胆な行動に出る危なさも秘めている。
    場の雰囲気を壊さず、あくまでもスマートにそれをやりきるのが木梨の流儀である。

    やっていることの暴力性にはそれほど変わりがないのに、なぜ石橋と木梨の好感度にはこれほど差があるのだろうか。
    それは、2人のタレントとしてのスタンスの違いにあると思う。石橋は自らの力や能力を誇示して、あえて偉そうに振る舞うことで共演者との関係性を作っていく。
    いわば、「上から目線」を基調としている。
    職場などで横行する理不尽なパワハラやセクハラに苦しむ人が多い現代では、そんな石橋のスタンスは嫌われてしまいやすい。

    一方、木梨は決して自分の能力をひけらかさない。木梨は多才の人である。コントを演じて、絵を描き、歌を歌い、ものまねもこなす。
    クリエイティブな活動に関しては、何をやらせても圧倒的な才能を持っている。今回の『笑ってコラえて!』でさりげなく披露した所ジョージのものまねも、実はあきれるほど上手い。

    だが、木梨は決してそれを自慢するような感じでこれ見よがしに見せつけたりはしない。あくまでも軽い感じでちらっと見せるだけだ。
    この奥ゆかしい姿勢こそが、木梨が芸人の中でも圧倒的におしゃれで魅力的に見える理由だろう。

    10月6日にはTBSラジオで『土曜朝6時 木梨の会。』という新番組が始まる。ラジオはテレビよりも少人数のスタッフで制作されていて、出演者と受け手の距離も近い。
    テレビよりもタレントの魅力が伝わりやすいメディアであるのは間違いない。
    石橋は今でも木梨の才能に関して「東のナンバーワン」と太鼓判を押している。
    無尽蔵の才能を秘めた木梨の本領が発揮されるのはこれからなのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00000078-sasahi-ent
    9/22(土) 11:30配信


    (出典 s.cinematoday.jp)



    (出典 dot.asahi.com)



    (出典 asajo.jp)



    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【【お笑い】とんねるずの木梨と石橋の不仲説は事実か?嫌いな芸能人ランキング不動の1位wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ