ニュースガイドニコニコ速報2.0

ニュースガイドニコニコ速報2.0では、
話題になったニュースの画像、動画、スレなどを投稿していきます。
芸能人、お笑い芸人、タレント、グラビア、モデル、俳優、女優など
様々なカテゴリーがあるのでお気に入りを探してみてください。
面白いねと感じたら、フォローお願いします。

    ニュースガイドニコニコ速報2.0では、
    話題になったニュースの画像、動画、スレなどを投稿していきます。
    芸能人、お笑い芸人、タレント、グラビア、モデル、俳優、女優など
    様々なカテゴリーがあるのでお気に入りを探してみてください。
    面白いねと感じたら、フォローお願いします。

    タグ:石原さとみ



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    このランキングおかしいでしょ!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/06(火) 22:09:14.10 ID:CAP_USER9.net

    この11月、ネットのエンタメ情報サイトで“女性がなりたい顔”ランキングが発表された。

    毎年さまざまな時期に同様のランクが多数発表されるが、特に有名なA社のランクは「本当なの!?」という声が多いという。
    A社の最新ランクを見てみると、1位が新垣結衣、2位が北川景子、3位が石原さとみだ。

    「上位3人に関しては、どこのランクでも見掛ける定位置です。
    ただし男性誌での単純な“人気ランク”では、もう石原さとみは5位以下が普通。
    10位圏外というランクもあり、昨今の“色恋沙汰”が響いているとされます。
    人気ではなく“なりたい顔”だから3位に入ったのかもしれません」(アイドルライター)

    とりえず上位はそんなに問題はないとして、驚くのは4位だ。
    井川遥なのだという。

    「さまざまな女性芸能人を対象にした芸能人ランクがありますが、井川が4位という上位に入っているものは、ほとんど見掛けません。
    だいたい、いいとか悪いとかの以前に、彼女の顔が何かの対象として浮かぶでしょうか。それが不思議です」(同・ライター)

    言われてみれば、他社の似たようなランクでも、井川が4位という高順位はあまり見たことがない。
    井川は今年ドラマに出たわけでもなく、かといってバラエティーに出るわけでもない。
    活躍の場はほぼCMオンリーのようなものだ。

    「まことしやかに囁かれているのが、日韓関係の悪化との関係です。
    井川は本名を非公開にしていますが、その昔『趙秀恵』という韓国名で活動していたのは本人も認めています。
    ただでさえ良くない日韓関係が最近、徴用工判決問題で最悪のものになりつつある。
    そんなところに井川の名前が急浮上でしょ。不自然だと感じる人がいても仕方ありませんね」(芸能雑誌編集者)

    これにA社の意図があるかどうかは定かではない。

    「優劣好きの国ですから、韓国の組織票ということも考えられます。
    日韓関係が悪くとも、井川は人気があるんだという意思表示に取れなくもないですね」(同・編集者)

    何はともあれ隣国同士、仲良くするに越したことはない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1560876/
    2018.11.06 21:45 週刊実話


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 images.china.cn)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【発表】女性がなりたい顔ランキング!八百長疑惑で、ネット騒然wwwwwww】の続きを読む


    石原さとみの屈辱…同事務所のライバル・綾瀬はるかに惨敗で「格差」鮮明、結婚見送りか
    石原さとみの屈辱…同事務所のライバル・綾瀬はるかに惨敗で「格差」鮮明、結婚見送りか  Business Journal
    (出典:Business Journal)



    (出典 wezz-y.com)


    綾瀬はるかが好きだ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/30(日) 22:57:49.47 ID:CAP_USER9.net

    7月クールのドラマも最終回を迎えた。今クール、視聴率トップに輝いたのは火曜10時に放送されていたTBS系ドラマ『義母と娘のブルース』。
    同作は右肩上がりに視聴率を伸ばし、最終回は自己最高となる19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

    「各局のドラマの打ち上げの模様も報じられており、それぞれ明暗が表れていたようです。9月28日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が
    『ぎぼむす』の打ち上げの様子を報じているんですが、主演の綾瀬はるか(33)が午前4時まで打ち上げにつきあい、終始笑顔だったことを伝えています。
    自身のこれまでのドラマの中でもかなりのヒットだったこともあり、彼女の喜びが伝わってきます。その反対に、ガックリ肩を落としてしまったのが石原さとみ(31)です」(放送作家)

    銀杏BOYZの峯田和伸(40)を相手役に、野島伸司脚本のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)のヒロインを演じた石原さとみ。
    石原念願の野島作品ということもあり、石原は放送前、各メディアのインタビューで演技への気合を語っていたが、初回と最終回こそ11%を超えたが、他は2ケタ続きの苦戦に終わってしまった。

    9月20日発売の『女性セブン』(小学館)では石原が“10分間の号泣スピーチ”をしたという『高嶺の花』の打ち上げの様子を報道。
    同誌によると石原は、スタッフの前で作品への思いを語りだし、「勝てなかった」「全責任は私」「迷惑をおかけしました」と涙ながらに語り、
    またラ*トーリーに挑戦したいという意気込みを語りスタッフからの拍手を集めたという。

    「実は石原と綾瀬は同じホリプロに所属する同年代のライバル関係。同じクールのドラマで、視聴率的にも世間の評判的にも完全に負けたことが相当ショックだったのでしょう。
    二人の因縁は、2004年のドラマ『世界の中心で愛をさけぶ』(TBS系)から始まっています。
    坊主頭になるのを嫌がって降板した石原の代役で抜擢された綾瀬が、このドラマでブレイク。
    石原にとっては面白かろうはずがありません」(芸能プロ関係者)

    ■過去の直接対決では、綾瀬はるかの連勝だった!?

    「私こそが事務所の看板女優」という意識を持った二人のライバル対決は、年を経るごとにヒートアップしていく。
    主戦場となるのは民放のドラマ。主演女優がここでは視聴率というかたちではっきりした「結果」が示される。

    「過去、同じ年に放送された二人の主演ドラマでいえば、
    2007年は、石原の『花嫁とパパ』(フジテレビ系)が全話平均視聴率11.8%で、綾瀬の『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)は13.7%で綾瀬の勝利。
    2010年は、石原の『霊能力者 小田霧響子の嘘』(日本テレビ系)が8.0%で、綾瀬の『ホタルノヒカリ2』(日本テレビ系)は15.4%で綾瀬の勝利。
    2014年は、石原の『ディア・シスター』(フジテレビ系)が11.3%で、綾瀬の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)が16.0%で綾瀬の大勝利。
    2016年は、石原の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)が12.4%で、
    綾瀬の『わたしを離さないで』(TBS系)は6.8%で、ここでようやく石原の勝利となりました」(テレビ誌ライター)

    「それまでは同じホリプロということもあり、事務所サイドが直接対決は避けていた可能性があります。
    しかし、2016年10月クールの『校閲ガール』で大きく勝利したことで石原も強い自信を得たのでは。その後も今年の1月クールドラマ『アンナチュラル』(TBS系)が高く評価されたので、
    石原が“綾瀬に勝つのは今しかない!”と勝負をしかけた可能性はあります」(前出のテレビ誌ライター)

    つまり、今回の「直接対決」は、業界も大注目の因縁の戦いだったというわけだ。

    「涙の数だけ強くなれる、わけではないですが、今回の悔し涙が、今後の勝利につながっていくのではないでしょうか。
    石原さとみの次の出演作に期待したいです」(前出の放送作家)

    バチバチと火花を散らすガチンコライバルの視聴率対決。次回はどんな結果になるか、非常に楽しみだ。
    このうち、まったくの“同一クール対決”は2014年10月クールのドラマ『ディア・シスター』と『きょうは会社休みます』だった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1530503/
    2018.09.30 18:30 日刊大衆


    (出典 www.asagei.com)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 taishu.jp)



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 www.asagei.com)



    (出典 biz-journal.jp)



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    (出典 taishu.jp)



    (出典 chirimencho.net)



    (出典 dot.asahi.com)



    (出典 asajo.jp)



    (出典 www.crank-in.net)



    (出典 entamega.com)



    (出典 www.moviecollection.jp)


    【【白熱バトル】石原さとみvs綾瀬はるか!因縁の対決!勝敗の行方は・・・石原さとみ号泣か?】の続きを読む

    このページのトップヘ